スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

MITARASI 

忘れた頃には、私も忘れてる家族紹介☆第9弾~


今回は MITARASI ぬんぬぬーん (゚∀゚ノノ゙パチパチ



IMG_2972_convert_20140727010933.jpg


愛称 みた みぃたん いかちゃん

この『いかちゃん』てのには浅いワケがあって・・・パイレーツオブカリビアンのこり↓↓

MITARASI_convert_20140727152133.jpg


に似てるって夫くんが言いますのん

だから『いかちゃん』は水面下でコッソリ広がっている あだ名 なんだな




IMG_2842_convert_20140727010227.jpg


我が家の中では二枚目

我が家の中では細身(我が家の中ってのがポイント)

非常に臆病で、来客時には先頭をきって雲隠れ組

抱っこ絶対NG(父ちゃん母ちゃんでも出来ません)


IMG_1640_convert_20140727010148.jpg


だけど猫には垣根なし!

新入りっ子だろうと気にせず面倒をみてくれる

人間に向くはずだった愛想まで、猫ズに向いちゃったの?なんて意地悪母ちゃんツイ言ってしまうんだけど・・・

そりがMITARASIらしいMITARASIで、とっても素敵だと思ってる

ただMITARASIに会いたがってくれるお客様も居るから、

そん時はチラリとでもお姿を覗かせておくれよぉ~と神頼みの心境でいたりもする・・・



IMG_0586_convert_20140727010109.jpg


抱っこは駄目だけど、父ちゃん母ちゃんは少しだけ役得も出来ちゃう

横になるとナデナデして~♪とすかさず来るので、ここぞとばかりに撫で回せるw

ブラッシングも大好きだから、ブラシを持てばMITARASI秘儀・猫ナデ声を聴けちゃうw


IMG_9626_convert_20140727011014.jpg


控えめだから、ちょっと目立たなくなってしまうMITARASIだけど

そりでもそんなMITARASIをもっと知りたいと思ってくれたら生い立ち(コチラ→)なんかも書いてまする



MITARASIがおっきいPURINに甘えの頭突きを食らわせている時

猫っていいな、おっきいっていいな、毛深いっていいなと思うんだいね

本当は仲間に入りたいけど・・・一緒に暮らせるだけでもありがたいやねと思うんだいね



FC2ランキングに参加しています。猫生活にニンマリしたり共感したり、早速『いかちゃん』と呼ぶ練習してみちゃったりしてポチっとして頂けるならこれ幸いです ( ̄b ̄) シーッいかちゃんなことはMITARASIには内緒だからw
↓↓
スポンサーサイト

category: 毛深い家族紹介

TB: 0    CM: 10   

GOMA 

家族紹介も折り返し地点の第8弾となりましてん♪GOMAでございまぁ~す


IMG_9942_convert_20131021151955.jpg


愛称 ごま、ごまちゃん


MIKOの子供
MITARASI&KIBIとは一緒に生まれた兄弟
TUKIMI&HANAMI&YUKIMIとは年違いの兄弟


ソレが正解かなんてわからないけど、大家族の我が家で暮らす以上どうしても去勢避妊手術は受けさせることになっている。

そんな中で、どうしてこんな血縁関係があるのかと言うと・・・

まだマンション時代の頃、ベランダにはひっきりなしに色んなニャンコが顔を見せていた。

隣がお寺だったから、本当にニャンコが多かったんだよね。

ある日、3匹の子猫を連れた見掛けない三毛猫が来た。

とっても警戒心の強くて生粋の野良ちゃんだなってことがすぐにわかる子。

授乳は終えているようだから避妊手術をさせよう!そんな私達の話を聞いていたかのように丸っきり姿を見せなくなってしまった。

そして我が家のベランダには3匹の子猫が残った。

この時点で2匹規制のマンションに8匹の猫が居た我が家。

もうこうなりゃ8匹も11匹も似たようなもんだろうと私は腹を括っていたけど、実際全く人に慣れていない猫達を保護することは容易ではなかった。

ベランダに出した大きなキャリーの中で過ごし、毎日用意した食事は食べるものの、鍵を開ける音がするだけで逃げる子猫達。

こうなりゃ長期戦も覚悟だと粘る日々が始まった。

食事にすらもさほど興味を示さない猫達だったけど、家の中の猫ズと人が玩具で遊ぶのを窓越しに見てる姿を見て『これならイケるかも!』とその日から作戦変更。

窓を隔てて振ってた玩具が、壁なしの状態になり、遊びに夢中になって部屋の中まで3匹が足を踏み入れたところで窓ピシャリ!!

失敗は許されないって緊張感と、ほっとした気持ちとで、どっと疲れたように思う。

だけど・・・なんだか誘拐犯のような気持ちになるのはどうしてだろう・・・

我が家に迎えた頃のGOMA↓↓

IMG_1801_convert_20131021152025.jpg

子猫と言うには少し大きくなり過ぎていたけど、見る物触れる物が全て初めてのやっぱりBABYだったんだよね。

ちなみに先頭を切って、部屋の中に入ったのもGOMAでした。



【 GOMAってこんな子 】

IMG_4782_convert_20131021152103.jpg

・たれている
母チャンの膝の上が大好きで、座るとすかさずやって来るんだけど膝の上でも基本たれる
がっしり骨太体型ゆえ結構ずっしり(^^;)
寝転がっていても上に来てくれて、キスの寸前くらいの位置をキープする甘えん坊


IMG_1853_convert_20131021152043.jpg

・しゃくれる
ちび猫の頃はキュルルンお目めの可愛い系男子だったけど、大人になるに連れて顔が横に成長したんだに。
そして時々しゃくれていたりする。
そりでも母チャンには変わらぬハンサムボーイであり、ファンですと言って頂いた日にはうれしくて舞い上がっておる。


IMG_5739_convert_20131021152123.jpg

・すこぶるチャーミング
母チャン 『ねぇねぇGOMAったら、また私のこと見てる~』
父チャン 『母チャン、よく見てごらんよ。全然見てないよ!!』
ぎゃぁぁぁ!!(`д´/;)/


IMG_5968_convert_20131021152148.jpg

・新しい物ズキで面倒見がいい
おNEWな物はとりあえず試してみたい。そりは小さい頃からそうだったなぁ。
優しいからGOMAの周りには猫ズが集まる。



3兄弟の中では、いつも先頭を進んでいるようなGOMA。
オウチに入ったのも、触らせてくれたのも、抱っこが我慢出来るのも1番。
たくさんの誉めてあげたい1番がある。
しっかり者のお兄ちゃんで母チャンは頼もしいけど、いつだってキミが愛らしいままのキミで居られるように
父チャン母チャンは全力でキミを守りたいと思っています。




FC2ランキングに参加しています。猫生活にニンマリしたり共感したり、血縁関係の謎が少しだけ解けてスッキリしたりしてポチッとして頂けるならこれ幸いです。
↓↓

category: 毛深い家族紹介

thread:   -  janre: ペット

TB: 0    CM: 22   

KUROTANGO 

今日は家族紹介の第7弾 KUROTANGO だにょーん(゚∀゚ノノ゙パチパチパチパチ



IMG_0891_convert_20130916145213.jpg


愛称 黒タン・くろ・姉さん



黒タンの得意ポーズ(※前の自宅での写真)
↓↓
IMG_3810_convert_20130916145301.jpg


こりを生で見せられちゃった人は、すぐに虜になってしまうんだぉ


このままの体勢で前進することも得意としてるのん


DORAYAKIのマーキング臭を消してくれているつもりかな(*´艸`*)アリガトネータスカルワー



IMG_1293_convert_20130916145244.jpg


黒タンは、前のマンションのベランダに遊びに来てた子


人慣れしてるし、来る時間が大抵決まっていたから、どこかオウチのあるニャンコだろうって思ってた


そんなある日、黒タンが何かをベランダに運んで来て、


鳴き続ける様子に只事ではないと感じて外へ出たら、それはもう息をしていない子猫だった


わかったよ。もう大丈夫だよ。この子は私が預かるね。もう心配ないよ。泣かないで。


タオルを敷いた小さな箱に入った子猫を見て、黒タンは帰って行った


この事があってから“もしかしたら野良ちゃんなのかもしれない”と思うようになり


黒タンの後を尾行して、検証しようなんてこともやってみた


結局わからないままだったけど、黒タンがベランダに居る時間が長くなり、


迫る冬を前にクシャミをしだした黒タンを抱き上げてしまったのが家族になった日


IMG_6044_convert_20130916145318.jpg


猫にも人にもとっても懐っこい黒タン


すぐ後に来た団子兄弟やYAMATOの面倒をよくみてくれる頼れる姉さん


まだお乳を恋しがるKIBIには、自分のを吸わせていて


出来なかった子育てを少し遅れて味わっているのかなぁと、涙もろい私はすぐ泣いてたっけ


5月生まれのチビーズはママが傍に居るからお役御免となったのかと思っていたけど


ここへ来て、チビ猫達の毛繕いをしてやりたがるようになった


そして嫌がられてる(^^;)MIKOママと子猫取り合いのパンチ炸裂をしてたりする


IMG_9373_convert_20130916145341.jpg


白血病陽性から胸腺型リンパ腫を患っていて、今年の5月末より抗がん剤治療中


一時は命も危ぶまれていたんだけど、今の黒タンは元気の塊そのもの


一杯遊んで、たっぷり食べて、気に入った寝床は奪ってでも手に入れるんだから


調子の悪い時もあったりして、黒タン自慢のオシャレ毛皮は薄くなったり生えたりと忙しいけど


どんな時の黒タンも逞しくって強くって愛おしくって、本当に自慢の娘です。



FC2ランキングに参加しています。猫生活にニンマリしたり共感したり『黒タンの舎弟に立候補!』なんてしちゃったりしてポチッとして頂けるならこれ幸いです。


黒タンの娘は、私の実家の庭に眠っています。

category: 毛深い家族紹介

TB: 0    CM: 22   

DORAYAKI 

家族紹介 第6弾 DORAYAKI はじまりはじまり~♪


IMG_4944_convert_20130720182108.jpg


愛称  どら・どらえもん・シッコマン


我が家のマーキング大王


病院で先生が開口一番『あら!鼻が長いわ』と言ってしまうくらいチャームポイントな鼻


ぴょんこらぴょんこらと歩く右足
こりは、レントゲンで保護時より大分前に骨折し、そのままくっついてしまったからだと診断された



IMG_1275_convert_20130720182151.jpg


DORAYAKIと初めて会ったのは、偶々行ったカフェの駐車場。

閉店間際でお店には滑り込めなかったけど、駐車場にいた猫。

成猫だし、随分人にも慣れてるようだから何処かのおうちの子だろうか・・・

一旦、帰宅したものの、どうも気になる。

猫ごはんを持って引き返したのが、そもそもの始まりだったのだと思う。

やっぱり同じ場所で待ってる猫。

すごい勢いで缶詰とドライフードを食べた。

その日から、およそ4ケ月の毎日の配給が始まった。



本当なら、すぐにでも家へ連れて帰りたかったけど、

当時はペット可マンションとは言え2匹の制限ありの狭い部屋に5匹の猫と暮らしていた。

だからどうしても踏ん切りがつかなくて・・・

ゴールは見えないまま、ただただ食事を運んで、食べ終わるとしばらく一緒に過ごすというだけの日を過ごした。

車のボンネットに乗って物憂い顔で私を見上げたあの顔は今でも忘れられない。

ごめんね、一緒に帰れなくてごめんね。確かそんなことを話したと思う。



そんな年の暮れ、いつものように食事を運んでいたら、店のオーナー夫婦に怒鳴られることとなった。

考えてみれば当たり前だ。ココは飲食店の駐車場。

『可哀想だからって餌をやることで餌を獲る能力がなくなって余計に可哀想だろ』

本当にそうなんだろうか?

この子は自分で獲物を獲って、生きながらえてきたんだろうか?

時々お客さんから御裾分けを貰ったり、ゴミをあさって生きてきたんじゃないのかな。

『一緒に帰ろう』その時、やっと決心が出来た。



その日から里親探しが始まった。

成猫だから難しいかもしれない・・・と危惧する私達をよそに、短期間で里親は決まった。

隔離部屋では騒ぐくせに、先住猫達と合流した途端ぴたりと鳴きやみ、猫だんごになる姿を見ながら彼の幸せを願った。

新しいおうちは先住猫も居るらしいし、足が悪いことだって今まで君が辿ってきた猫生全部を愛しいって言ってくれたよ。

でも彼の里親話は破談した。

足が悪いとはわかっていたけど、こんなに悪いとは思っていなかったから。面倒をみられるか自信がなくなったから。

その返事を聞いた時、腹が立ったことは本当。

でも今は早いうちに正直なことを言って貰えて良かったと思ってる。

だってDORAYAKIが路頭に迷うことはなかったんだから。また1人ぽっちになることはなかったんだから。

新たな里親を探そうとするバイタルはもうなくて、名前が付いて、我が家の家族になった。



IMG_6802_convert_20130720182028.jpg

最初はあんなにしおらしかったDORAYAKIも、KOTATUを追いかけPURINを追いかけ自称ボスを張るようになった。

隔離部屋から出た時のあの猫だんごは何だったんだー!

猫被ってたなー!Σ(´Д`lll)

スプレーまで撒き散らしてくれちゃって・・・

だけど自称ボスは喧嘩を売るくせに、買われると8割方負ける・・・



IMG_1437_convert_20130720182131.jpg

だけど後輩猫には、軒並みやさしい。

だからチビ猫達からも慕われる。

DORAYAKIの後にKUROTANGOが来て猫だんごになり、更に団子兄弟が来て団子が大きくなった。

また一塊になって眠ってる姿を見た時、どこまでもやさしい気持ちになれた。

眠りから覚めると、またマーキングして、ヘソ天して、KOTATUを追いかけてのDORAYAKIだけどね。



P7103422_convert_20130720182048.jpg


あまりにも『オジサン』て言葉がしっくりきちゃって

DORAYAKIの“母チャン”だよって言うには、ちょっと躊躇しちゃうけど

あの日母チャンは“DORAYAKIの母チャンになろう”って決めたんだよ。

かわいいかわいい息子です。







みんなみんな知って欲しくて、つい長くなってしまいました。読んでくれてありがとう。


category: 毛深い家族紹介

TB: 0    CM: 22   

YANAGI 

家族紹介、第5弾 YANAGI だヌーン



IMG_1472_convert_20130614110151.jpg



愛称 なぁちゃん・やなちゃん・もじゃぎ・ヤナギブソン



我が家唯一の長毛さん


もう少しブラッシング好きになってくれるといいんだけどなぁ(;´∀`)




IMG_0005_convert_20130614110040.jpg

出会いは千葉市在住時代の早朝ウォーキング


川沿いの遊歩道を歩いていたらミュウミュウか細い声


声を頼りに草を分け入ると、小さい小さい毛玉っ子


すぐに夫さんは車を取りに自宅へ猛ダッシュ


私は子猫を抱いて徒歩で病院へ


途中、オシッコ放出~!!というハプニングに服をビタビタにしながら病院に行ったっけ


可笑しくて仕方なかったなー(* ´艸`)



IMG_0182_convert_20130614110101.jpg


出会いは続くもの


YANAGIに会ったのは、NEZUMIを保護した翌日だったんだぉ


だからこーんなチビ猫の時から2人は一緒に食べて遊んで眠ってたんだよね(上がヤナギだよ)


この頃の採血でエイズ(+)となり、単独飼いしてくれる里親さんを探そうかという話もあった


でも母猫の抗体が消える時期の再検査で(-)結果に


そのまま我が家の娘となりました



P6122624_convert_20130614110232.jpg


現在は、迫力溢れるお姿に!!


女の子なのに、最近マーキングらしき行為もしちゃうにょよヽ(ヾ;´Д`)))


男勝りで他のニャンズを追いかけ回してるんだヌン


女戦士といったとこかしら(* ´艸`)



IMG_3770_convert_20130614110213.jpg

だけどキッチンが大好きだったり、女の子らしいところも♪


お料理してる母チャンと、このカウンターの上からお話するんだよね♪


缶詰の時間も1番最初に集合して、皆を呼んでくれるにょ


食べ終わるのが毎回最後なとこも可愛らしい・・




お腹いっぱいになったかな?


IMG_0949_convert_20130614110126.jpg


ひとときの戦士の休息♪






category: 毛深い家族紹介

TB: 0    CM: 12   

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お客様

検索フォーム

毛深い家族紹介

掲載されたもの

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。